すっぽんの天然コラーゲンと普通のコラーゲンの違い

私のすっぽんサプリ > すっぽんの天然コラーゲンと合成コラーゲンの違い

すっぽんの天然コラーゲンは通常のコラーゲンと何が違うの?

まずはじめに、コラーゲンというのは1型、2型などと全部で19種類あり、その中でもすっぽんに含まれている天然コラーゲンというのは体内や皮膚などに直接関与するコラーゲンとなっています。また、すっぽんの天然コラーゲンは、海洋性コラーゲンの一種となっていて、動物性のものと比較すると非常に豊富なアミノ酸・ミネラル・ビタミンなどが含まれています。加えて、天然コラーゲンは熱に強くて吸収率が高いといった性質も持っているので、どのコラーゲンよりも有効性が高いと言われています。

 

すっぽんの天然コラーゲンは具体的な効果ですと、下記が期待できます。

 

美肌

ハリ・弾力を補うことで、若々しい肌になることはもちろんのこと、肌再生といった効果も期待できるのでシワ・しみ・くすみ・毛穴・ニキビなどの肌トラブルを改善することもできます。同時に、肌再生によってしっかりとした機能を得ることができるので、トラブルができにくい肌にもなります。

 

美髪・美爪

 

コラーゲンはタンパク質の一種となっていて、髪の毛や爪というのもタンパク質で合成されています。つまり、コラーゲンが充足することで髪の毛や爪の元にもなるので、健康な髪の毛・爪を生成することができます。

 

骨強化

コラーゲンというのは、肌だけではなく骨の中にも存在していて、カルシウムなどをつなぎあわせることで骨を強化することができます。結果的に、骨粗鬆症の改善・予防に繋がります。

 

腰痛・関節痛の緩和

細胞間のコラーゲンが減少することで腰・関節に痛みなどが生じますが、細胞間にコラーゲンが満たされていると、そちらがクッションの役割を果たすことで痛みなどが緩和されます。

 

目の健康維持

外的な刺激や細菌から守る角膜はコラーゲンで出来ており、すっぽんの天然コラーゲンにはこちらのコラーゲンを保持したり機能させる効果もあります。このことで、角膜炎・充血・視力低下・白内障といったトラブルを防止して目の健康を維持することができます。

 

血管の健康維持

血管にもコラーゲンが含まれていて、不足してしまうと血管の老化によって心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化、高血圧を招いてしまいますが、コラーゲンを普段から補っていると血管の老化防止に繋がるので、それらの病気を防止することができます。

 

体に吸収されやすい『すっぽんの天然コラーゲン』はまさに万能薬!?

体内利用されやすい、すっぽんの天然コラーゲンによって、上記のように美容だけではなく骨強化、眼トラブル防止、心筋梗塞予防といった幅広い健康効果も高いといわれています。まさにすっぽんはアンチエイジングだけでなく健康も含め、人間の体にとって万能薬といえますね。

 

 

すっぽんの天然コラーゲンと合成コラーゲンの違い